コーヒー豆と焙煎・ロースト・ブレンドの豆知織


【 コーヒー豆の種類 】


コーヒー豆にはたくさんの種類があります。
しかし何度もその種類のコーヒーを飲む事によって、味の違いや風味が分かってきます。

豆の種類やローストの違いが分かる為には、何度も飲む事の大切さがあります。
奥深い味や香りが分かるとコーヒーが生活の一部となって豊かさを演出することになるでしょう。
【 ブレンドについて 】

コーヒーの味や風味は独特ですが、違った種類のコーヒー豆を配合(ブレンド)する事によって、
単品では引き出す事ができない酸味や苦味、香りまでも違った楽しみを得る事ができます。

ブレンドによって風味や香ばしさ、そして味に対する無限の可能性を追求する事ができます。
酸味の強いタイプと苦味の強いタイプをブレンドする事でバランスのとれたすばらしい風味と味を求める事が
可能になるわけです。
違った豆のタイプで、それぞれの個性を十分に引き出し、ブレンドされたコーヒーというものは、
どんな飲み物より最高の暖か味があります。
【 コーヒー豆と焙煎(ロースト)について 】

生豆を火力で焙煎(ロースト)する事により、コーヒー特有の茶褐色のコーヒー豆になります。

コーヒー豆は産地によって、酸味・甘味・苦味・コクのある風味はそれぞれ違います。
この独特の個性を引き出す役割が焙煎(ロースト)という事になります。

コーヒーの生豆を火力で炒る。
焙煎時間や火力によってそれぞれの酸味・甘味・苦味・コクや風味が違ってきます。
焙煎の時間が短かければ、酸味の良さが生かされ、焙煎の時間が長ければ、苦味と甘味が引き出されます。
焙煎(ロースト)の知織【 焙煎(ロースト)の風味の違いについて 】




| 新聞社・全国紙・業界紙一覧 | コーヒー情報トップ | 焙煎(ロースト)とは! |

Copyright (C) 2009 BENRINET. All Rights Reserved.